新宿キャバクラ講座・中級者向け~良い雰囲気をつくる為のトークスキル

キャバクラでキャストの女の子と良い雰囲気をつくる為の、会話のコツや女の子とトークの弾む話のネタを紹介しています。また、楽しい時間を過ごせる良心的なお店の見極め方をお伝えします

HOME » キャバクラ講座~中級者向け~» キャバクラで良い雰囲気にする会話(トーク)のコツ

キャバクラで良い雰囲気にする会話(トーク)のコツ

夜の街の花といえばやはりキャバクラです。

お酒を飲むのは居酒屋で十分!という方もいらっしゃるかもしれませんが、素敵な女の子とお酒を飲みながら過ごす楽しい時間はここでしか味わうことができません。

そんなキャバクラをもっと楽しむ方法を知りたいと思いませんか?

それでは、お気に入りの女の子と一緒にもっと楽しい時間を過ごすため会話のコツ、会話のネタをご紹介しましょう。

キャバ嬢もやっぱり普通の女の子!

お店で店員に対して「こっちはお金を払ってるんだから!」という態度をついとってしまっていませんか?

それは事実ですし、女の子もそれをちゃんと理解していますので、そこで嫌な顔を見せることはないでしょう。

しかし、逆の立場で考えてみてください。

仕事中に上司やお得意様に嫌な態度をとられたことはありませんか?

仕事ですので、当然あなたは嫌な顔をすることはないでしょう。でも、内心ではその人のことを決して好きになることはできないでしょう。

キャバ嬢だって同じことです。

接客のプロですから、お店ではよほどのことがない限り決して嫌な顔をすることはありませんが、内心では嫌いなお客さんだっていることでしょう。

いくらプロとはいえ、嫌いな人に対して心からサービスすることはできないはずです。

キャバクラをもっと楽しいものにするための一番のポイントは女の子に嫌われないようにすることです。

好かれるのはそんなに簡単なことではありませんが、嫌われないようにすることはそれほど難しいことではありません。

キャバ嬢もやっぱり普通の女の子、ということさえしっかりと意識することができれば、嫌われてしまうことはないでしょう。

普通のお客さんであること

執拗に下ネタを繰り返したり、すぐに誘ったりするのはできるだけ避けるようにしましょう。

前述のように、キャバ嬢も女の子です。あまり下心が丸出しだったり、下品すぎると嫌われてしまうのは当然ですね。

あくまで、普通の女の子と話をするときのような会話がもっとも好まれます。

会話やお酒を楽しむためにやってきた、という雰囲気を作ることが重要なのです。

また、時には女の子の話に耳を傾けるのも良いでしょう。

話好きな女の子の場合、ただ上手に相槌を打ってあげるだけでもあなたの好感度はアップするでしょう。

会話術と言ってもそれほど難しいことではありません。

今夜から実践することができるのではないでしょうか?

お気に入りの女の子の好感度をアップさせてもっとキャバクラを楽しいものにしましょう。

当サイトへの店舗掲載のご希望・お問い合わせはこちら